RACEQUALIFYINGPRACTICE
COLUMN
QUALIFYING
Rd.2 [Sun,10 April]
Baber Motorsports Park
QUALIFYING COLUMN
POS. DRIVER/TEAM
No Time Speed

1 Will Power/Team Penske
12 01:11.4546 115.878
2 Ryan Briscoe/Team Penske
6 01:11.7361 115.423
3 Scott Dixon/Target Chip Ganassi Racing
9 01:11.8826 115.188
4 Helio Castroneves/Team Penske
3 01:12.1247 114.801
5 Justin Wilson/Dreyer & Reinbold Racing
22 01:12.3085 114.509
6 Oriol Servia/Newman/Haas Racing
2 01:12.4394 114.302
7 Dario Franchitti/Target Chip Ganassi Racing
10 01:11.7090 115.467
8 James Hinchcliffe/Panther Racing
06 01:11.8183 115.291
9 Marco Andretti/Andretti Autosport
26 01:11.8672 115.213
10 Graham Rahal/Service Central Chip Ganassi Racing
38 01:11.9712 115.046
11 Takuma Sato/KV Racing Technology-Lotus
5 01:12.1667 114.734
12 Alex Tagliani/Sam Schmidt Motorsports
77 01:12.3485 114.446
13 Simona De Silvestro/HVM Racing
78 01:12.2559 114.593
14 Raphael Matos/AFS Racing
17 01:12.4094 114.350
15 JR Hildebrand/Panther Racing
4 01:12.2684 114.573
16 Mike Conway/Andretti Autosport
27 01:12.5191 114.177
17 Ryan Hunter-Reay/Andretti Autosport
28 01:12.3370 114.464
18 E.J. Viso/KV Racing Technology-Lotus
59 01:12.6582 113.958
19 Vitor Meira/A.J. Foyt Enterprises
14 01:12.5677 114.100
20 Sebastien Bourdais/Dale Coyne Racing
19 01:12.6896 113.909
21 Charlie Kimball/Novo Nordisk Chip Ganassi Racing
83 01:12.5857 114.072
22 Danica Patrick/Andretti Autosport
7 01:12.7257 113.852
23 Simon Pagenaud/Dreyer & Reinbold Racing
24 01:12.5900 114.065
24 Tony Kanaan/KV Racing Technology-Lotus
82 01:12.8892 113.597
25 James Jakes/Dale Coyne Racing
18 01:12.7147 113.870
26 Sebastian Saavedra/Conquest Racing
34 01:13.0858 113.292
▲TOPへ

QUALIFYING COLUMN
佐藤琢磨、11番グリッドより第2戦に挑む
2011.04.09
 2011年4月9日、アラバマ州リーズ。KVレーシング・テクノロジーの佐藤琢磨、EJ.ヴィソ、トニー・カナーンの3人は、それぞれ11番グリッド、18番グリッド、24番グリッドから、明日、アラバマ州リーズのバーバー・モータースポーツ・パークで決勝が行なわれるホンダ・グランプリ・オブ・アラバマに臨むことが決まった。
 No.5のKVレーシング・テクノロジー・ロータスを駆る琢磨は、全長2.38マイル(約3.11km)で計17のコーナーを持つバーバーのパーマネント・ロードコースにおいて、72.1667秒(114.734mph/約184km/h)で予選を通過し、6列目のイン側からスタートを切る。
 今季、2戦目にして2度目となるロード/市街地コースの予選を、琢磨は2度とも11位で通過したことになる。IZODインディカー・シリーズへの参戦は2シーズン目となる琢磨は、計18戦のキャリアでベストとなる5位でフィニッシュした開幕戦ホンダ・グランプリ・オブ・セントピーターズバーグでの成績を塗り替えることに期待がかかっている。琢磨は明日、ここバーバーで2度目となるレースに臨む。昨年は予選6位だったが、不運にもメカニカルトラブルに見舞われて25位に終わっていた。
 20分間で行なわれた今朝のウォーミングアップにおいて、琢磨は73.0193秒(113.395mph/約181km/h)を記録して13番手につけ、プラクティスの総合順位でも13番手だった。

佐藤琢磨のコメント
「残念な予選でした。僕たちはクルマを煮詰め、実際によくなっていたのですが、周囲を見渡すと、十分なスピードとはいえなかったようです。自分たちの期待どおりの成績を残せなかったことは残念で仕方ありません。できることはすべてやりましたが、困難にもたくさん直面しました。明日のレースに備えて、僕たちは本当に一生懸命、働かなければいけないでしょう」

(KVレーシング・テクノロジー-ロータスのプレスリリースより)

TOPページへ戻る
takumasato.com
(C)T.S.Enterprise Japan LTD.
All rights reserved.


Powered by:
Evolable Asia Corp.