RACEQUALIFYINGPRACTICE
COLUMN
QUALIFYING
Rd.1 [Sun,27 March]
St.Petersburg
QUALIFYING COLUMN
POS. DRIVER/TEAM
No Time Speed

1 Will Power/Team Penske
12 01:01.9625 104.579
2 Dario Franchitti/Target Chip Ganassi Racing
10 01:02.2953 104.021
3 Scott Dixon/Target Chip Ganassi Racing
9 01:02.3975 103.850
4 Mike Conway/Andretti Autosport
27 01:02.5306 103.629
5 Ryan Briscoe/Team Penske
6 01:02.5744 103.557
6 Justin Wilson/Dreyer & Reinbold Racing
22 01:02.7729 103.229
7 Marco Andretti/Andretti Autosport
26 01:02.6312 103.463
8 Tony Kanaan/KV Racing Technology-Lotus
82 01:02.7818 103.215
9 Helio Castroneves/Team Penske
3 01:02.8204 103.151
10 Alex Tagliani/Sam Schmidt Motorsports
77 01:02.8225 103.148
11 Takuma Sato/KV Racing Technology-Lotus
5 01:02.9312 102.970
12 Graham Rahal/Service Central Chip Ganassi Racing
38 01:03.0640 102.753
13 Vitor Meira/A.J. Foyt Enterprises
14 01:03.1315 102.643
14 Ryan Hunter-Reay/Andretti Autosport
28 01:03.1778 102.568
15 Oriol Servia/Newman/Haas Racing
02 01:03.2434 102.461
16 Raphael Matos/AFS Racing
17 01:03.2594 102.435
17 Simona De Silvestro/HVM Racing
78 01:03.2724 102.414
18 Sebastien Bourdais/Dale Coyne Racing
19 01:03.3188 102.339
19 Danica Patrick/Andretti Autosport
7 01:03.3764 102.246
20 Ana Beatriz/Dreyer & Reinbold Racing
24 01:03.8036 101.562
21 E.J. Viso/KV Racing Technology-Lotus
59 01:03.4065 102.198
22 James Jakes/Dale Coyne Racing
18 01:03.8854 101.432
23 Charlie Kimball/Novo Nordisk Chip Ganassi Racing
83 01:03.5162 102.021
24 Ana Beatriz/Dreyer & Reinbold Racing
34 01:03.9696 101.298
25 JR Hildebrand/Panther Racing
4 01:03.8256 101.527
▲TOPへ

QUALIFYING COLUMN
佐藤琢磨、11番グリッドから開幕戦に挑む
2011.03.26
 2011年3月26日、フロリダ州セントピーターズバーグ発。明日、セントピーターズバーグの市街地で決勝が開催されるホンダ・グランプリ・オブ・セントピーターズバーグの予選において、KVレーシング・テクノロジー・ロータスのトニー・カナーン、佐藤琢磨、EJヴィソの3人は、8位、11位、21位のポジションを得た。
 KVRTでIZODインディカー・シリーズの2シーズン目を迎えた琢磨にとっては、昨年と同じ11番グリッドからセントピーターズバーグのレースに挑むことになる。

佐藤琢磨のコメント
「トップ10で予選を通過できず、残念でした。ここまでタフなウィークエンドになっています。プラクティスと予選を通じ、クルマの良好なバランスとグリップを見つけ出すのに苦しみました。ただし、これらのセッションで価値あるデータを収集することに成功しています。明日のレースに向けてクルマを改良するには、たくさんの仕事をしなければいけないでしょう」

(KVレーシング・テクノロジー-ロータスのプレスリリースより)

TOPページへ戻る
takumasato.com
(C)T.S.Enterprise Japan LTD.
All rights reserved.


Powered by:
Evolable Asia Corp.