RACEQUALIFYINGPRACTICE
COLUMN
COLUMN
Rd.8 [Sun,04 June]
Detroit Race 2

いまできる最大限のこと
別に牛乳を飲んで二日酔いになるわけではないだろうが、それを思わせるようなことがインディ500ではしばしば起きる。伝統的な儀式でインディ優勝を祝ったドライバーが翌週のレースで不振に陥るのはよくあること。しかし、デトロイトのベルアイル・サーキットにおける琢磨は例外だった。インディで大金星を掴んだ琢磨は、チャンピオンシップ争いでトップのエリオ・カストロネヴェスと11点差で3番手につけていた。デトロイトでポールポジションを獲得し、ダブルヘッダーのレースを4位と8位で終えた琢磨は、依然としてポイントリーダーと11点差の3番手につけているが、新たにトップに浮上したのはスコット・ディクソンだった。

インディ500の後で琢磨がどんな日々を過ごしていたかを考えれば、これは立派な成績だったといえる。「まったく休むヒマがありませんでした」と琢磨。「ウィナーズ・サークルで大喜びした後、記者会見や囲み取材を終えてから5本のインタビューと10本のサテライト・インタビューを行いました。夜の8時30分になっても僕は濡れたレーシングスーツを着たままでしたが、ミルクがあまりイヤな匂いを発しないのは驚きでした! その後、市内でアンドレッティ・オートスポーツのディナーがあって、午前3時にようやく眠りにつきました」

月曜日にも早朝からの写真撮影や数多くの取材をこなしたのに続き、恒例のバンケットに出席した後、深夜にニューヨークへ飛びました。翌日はタイムズスクエアにあるNASDAQの証券取引所で取引開始のベルを鳴らし、それから11時間にわたってメディア対応をこなすとエンパイア・ステート・ビルを訪れ、真夜中にテキサスへと飛んだ。「僕たちはダラス・カウボーイの本拠地を訪れましたが、ここはマクラーレンのようにすごいところでした。すべて清潔で、床は大理石で、本当に驚くべき施設でした。インディ後のツアーはとても興味深いものでした。たくさんの人たちが『あれはクレイジーだよ』と言っていて、僕もそうだと予想していたのですが、実際にはとてもよかったと思います。すべてのメディア、そしてファンの反応に僕は心から感謝します。インディカーはすべてをまとめるために素晴らしい仕事をしてくれました。スケジュールは1秒単位で進行しているかのようでした。F1時代を含め、こんな経験をしたのは初めてでした!」

金曜日に行われたフリープラクティスで、琢磨はようやくNo.26アンドレッティ・オートスポーツ・ダラーラ・ホンダのコクピットに戻ってこられた。「小さなコクピットに戻り、ハーネスを締めてヘルメットのシールドを下ろし、ひとり静かな世界に身を置く……。メディアの皆さんも素晴らしかったけれど、いつもの仕事に復帰できてとても嬉しく思いました。2回のセッションはどちらもうまくいきました。最初のセッションでは特にコンペティティブで、とりわけ嬉しく思いました。インディに勝った後のデトロイトに100%の体調で臨めるとは予想していませんでしたが、いきなり限界ギリギリのドライビングをしてコンペティティブなラップタイムが刻めたことで喜びを感じました。デトロイトの市街地コースは、インディアナポリスとはまるで異なります。路面がスムーズで230mph(約368km/h)で走るスーパースピードウェイから、もっともバンピーなサーキットのひとつで肉体的にも厳しく、レイアウトもチャレンジングなコースへと一転するのですから……。今年、コースは大規模に改修され、メインストレートやバックストレートはこれまでよりはるかにスムーズになったため、ボトミングする機会も減りました」

「2回のセッションで記録されたタイムが必ずしもそのときの状態を反映しているわけではありませんが、それでも僕たちがコンペティティブであることには自信がありました。ソフトめのレッド・タイアでの感触を掴み、僕たちはまずまず満足してセッションを終え、予選に向けた準備を終えたのです」

デトロイトのダブルヘッダーではユニークなフォーマットが採用されている。各レースのスターティンググリッドを決める予選がそれぞれ行われるのだが、いずれも全エントリーを半分に分割した予選グループごとに計測を実施するのだ。土曜日の午前中、琢磨は自分が属する予選グループでグレアム・レイホールに次ぐ2番手となり、3番グリッドからスタートすることが決まる。「わずかコンマ1秒差でした。マシーンのスピードにも2列目グリッドを手に入れられたことにも満足でした」

レースは先行するレイホールとカストロネヴェスを琢磨が追う展開で膠着状態に陥る。そしてカストロネヴェスと琢磨は早めにレッド・タイアからブラック・タイアへの交換を行ない、3ストップでレースを走りきる作戦を選択した。しかし、後になってこれが正しい戦略ではなかったことが証明される。というのも、この日のレースでイエローになったのは2回だけで、いずれもレース前半に提示されたからだ。「エリオとグレアムは異次元の速さでした。彼らはあっという間に見えなくなり、僕はアレックス(アレクサンダー・ロッシ)とディクシーの前方を走行していました。僕たちは全員レッド・タイアでスタートしましたが、誰もがデグラデーションで苦しんでいるようで、一部のドライバーはブラック・タイアに交換すると、予想どおりコンペティティブなタイムを刻むようになりました。そこで僕たちもタイアを交換しました。実際のところ交換が必要な状況だったのですが、これでレース戦略は必然的に3ストップとなり、難しい立場に追い込まれることになりました」

レース終盤、琢磨は7番手で、その直後にカストロネヴェスがつけていた。ただし、ブラジル人ドライバーは3回目で最後となるピットストップをすでに終えおり、ふたりは他のドライバーを大きく引き離していた。残り5周で最後のピットストップを行おうとする琢磨にとって、これは絶好のチャンスだった。給油のみ行えば、カストロネヴェスの先行は許すものの、順位はひとつ落とすだけの8位でフィニッシュできるからだ。そして琢磨は最後の数マイルをまるでロケットのような速さで駆け抜けていったのである。「ピットストップを終えたところで誰かの後方につけてしまうのは、よくあることです。ただし、いまのエアロ・パッケージで誰かを追うのは非常に困難なため、これがレース戦略面にも大きな影響を与えています。いずれにせよ、最終結果は大きく変わらなかったともいえます。僕は、できるだけ燃料をセーブして最後のピットストップを引き伸ばさなければいけませんでした。そして幸運にも僕はエリオに順位を譲るだけで済み、たくさんのポジションを犠牲にする必要はありませんでした。つまり、戦略面でのダメージを最小限に抑えることができたのです」

土曜日の朝、琢磨はポールポジション獲得の快挙を成し遂げる。これは琢磨にとって2014年のデトロイト以来のことで、通算6度目。琢磨は同じ予選グループのレイホールを破ったほか、もうひとつの予選グループではライアン・ハンター-レイがトップに立ったため、フロントロウはアンドレッティ・オートスポーツのドライバーで占められることになった。「めちゃくちゃ嬉しかったですし、ものすごくエキサイティングな結果でした。土曜日にグループ1だった僕たちは、日曜日にはグループ2となります。だから、ポールポジションを獲得するには絶好のチャンスだと思っていました。もっとも、土曜日にレイホールは抜群の速さを見せていたので、容易なことではないとも考えていました。ただし、いくつかの微調整によりマシーンが速くなったことには自信があったので、2014年のデトロイトのように全力で挑む準備ができていました。マシーンは本当に速くて、僕はNo.26のメカニックたちをとても誇りに思いました。インディの後で睡眠時間が全く取れないことについて話しましたが、寝不足の日々を過ごし他のは、メカニックたちも同じでした。組み上げられたシャシーに新しいエンジンを搭載し、エンジニアのギャレット・マザーヘッドが鼻のあぶらをすり込むと、マシーンはまるで宇宙船のような速さを見せました。僕も全力でそれを操りました。息をするのも忘れてしまうようなドライビングでした。僕はラップレコードを叩き出し、ポールポジションを手に入れたのです」

琢磨はレースでも好スタートを切る。いっぽう、レイホールがハンター-レイを攻略して2番手に浮上するまでには数ラップを要した。「ハンター-レイが後ろについていてくれてとても助かりました。当初、彼は僕を援護してくれましたが、徐々にスピードが伸び悩むようになります。そこにレイホールがどんどん近づいてきました。僕は燃料をセーブするつもりでしたが、レイホールが直後にやってきたのでプッシュしなければいけなくなります。当初、僕は24ラップまで給油を引き伸ばすつもりでしたが、あらゆる手を使っても23ラップまでこらえるのが精一杯でした」

驚いたことに、レイホールは1周遅くピットストップすると琢磨を追い越してトップに立った。レース中盤、琢磨は2番手を守り続けたが、レイホールの速さは目を見張るばかりで、最後のピットストップが始まるまでにアメリカ人ドライバーは15秒近くまでリードを広げてみせる。いっぽうの琢磨はペンスキー軍団の猛攻を懸命に交わしていた。琢磨は、3番手のカストロネヴェスと同時にピットイン。しかし、琢磨はカストロネヴェスに先行されたうえ、アンダーカットを駆使したジョセフ・ニューガーデンがふたりを出し抜く格好となった。ニューガーデンはレイホールに匹敵するスピードを手に入れた唯一のドライバーで、3ストップ作戦でここまで追い上げていたのだ。「ピットボックスの位置も不利に作用したと思います」と琢磨。「僕たちのピットは入り口に近い場所だったので、2回とも減速してから加速することになりました。ピット作業が終わったとき、僕はウィルと並び掛けそうな勢いでしたが、スロットルを戻してブレーキをかけなければいけなかったのです」 これで琢磨は、レイホール、パジェノー、パワーに続く4番手で第3スティントを迎えることとなる。

「レイホール・チームは素晴らしい仕事をしたと思います。僕たちにとっては厳しいレースでした。できることはすべてして、ミスをせずに懸命に闘い続けました。それでも僕たちの速さは不十分で、表彰台には手が届きませんでした」

もっとも、さらに悪い結果に陥る危険性もあった。レース最終盤、ジェイムズ・ヒンチクリフとスペンサー・ピッゴットのマシーンが停止したために赤旗が提示され、フィニッシュまで残り2周で再開されることになったのだ。ここで琢磨はライバルよりもプッシュ・トゥ・パスを的確に活用してレースを走りきった。「とても危ない状況でしたが、ポジションを守りきることができました。特にターン1からターン2にかけては予選アタックのような走りでした!」

「ポールポジションからスタートして4位フィニッシュですから期待どおりの結果とはいえませんが、チャンピオンシップのことを考えると、とても手堅い戦い方だったと思います。いちばん大切なのは、エリオとスコットより上のポジションでフィニッシュしてポイント争いでのギャップを縮めることにあったので、いい週末だったといえます。ただし、僕のチームメイトは全員苦しんでいたので、レースペースを改善するための努力は続けなければいけません」

琢磨は休む間もなく、次の土曜日に始まるテキサス・モーター・スピードウェイでの一戦に臨むことになる。「デトロイトでは最善を尽くしました。“マンス・オブ・メイ”以来、僕たちは力強い結果を残しているので、僕もチームもとても満足しています。メカニックたちは休息をとることもなくテキサスに向けたマシーンの準備に取りかかっていますが、スーパースピードウェイではきっといい感触を掴めるでしょう。テキサスはいつもチャレンジングなコースで、僕にとって必ずしもゲンのいいサーキットとはいえませんが、それでも今年のインディで優勝するまでは、2011年のテキサスで残した5位が僕にとってはオーバルコースでの最高位でした! コースは大幅に改修─再舗装ならびにコース幅を拡大するとともに、バンク角がやや浅くなった─されたので、どんな結果になるか、とても楽しみです!」

written by Marcus Simmons
▲TOPへ

TOPページへ戻る
takumasato.com
(C)T.S.Enterprise Japan LTD.
All rights reserved.


Powered by:
Evolable Asia Corp.